<

自分専用の売買銘柄リストを作る

株の勝率を上げるためには、「買っても良い銘柄リスト」を持つ必要がある。

 

株式市場では6000もの企業の株が、毎日活発に売買されているが、そんなにたくさんのこの自分用の「買っても良い銘柄リスト」の中から、日足チャートが右上がりの銘柄だけを買うようにすれば勝率は上がるはずだ。

 

もちろん日足チャートが右上がりの銘柄だけをリストアップするのが一番良いのだがこれは日々変わるものだからなかなか難しい。

 

日足チャートのトレンド(傾向)が「右上がり」か「右下がり」か「横ばい」かというのは、ある日突然変わるので、右上がり銘柄をピックアップしたリストだけを作ると、応用が利かなくなってくる。

 

だから最初は予算に合わせた売買可能銘柄を一覧にして、投資ツール(楽天証券ならマーケットスピード)などに登録しておくといい。

 

そこから右上がりの銘柄だけいくつかピックアップしておくといいだろう。

 

 

★楽天証券の投資ツール「マーケットスピード」。

 

300銘柄以上を登録でき、売買注文もできる(条件付き逆指値注文も可能)。

 

ここへ自分専用の売買銘柄リストを作ると、右上がり(上昇トレンド中)かどうか、クリック一つで確かめられるのでかなり便利。

 


広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!