<

自分専用画面にログインする

証券会社に申し込んで必要書類を送ると、数日後に簡易書留などで、ログインIDとパスワードが届く。

 

そうしたらインターネットからログインして、自分専用の画面にログインする。

 

 

★楽天証券の画面(現在は右側にログイン用のフォームがある)楽天証券の現在(2010年春)の画面は、こういう感じだが右側にログインIDとパスワードを打ち込む部分があるので、そこに自分のIDとパスワードを打ち込み、ログインボタンを押せばいい。

 

 

★ログイン画面(ここに郵送された書類にあるIDとパスワードを打ち込む)ログインすると自分専用のページが現れるので、まず資金を振り込む口座番号を確かめる。

 

この口座に投資用の資金を振り込んで、そこから株を売買するわけだね。

 

株式資金を振り込む

株式取引を始めるには、まず買い付けするための資金を証券会社の口座に振り込む必要がある。

 

楽天証券の場合は、銀行に自分専用の口座が用意されるので、その口座にお金を振り込むことになる。

 

振込先は、インターネットの自分専用画面の中にある。

 

ログインしたあと画面の上部のタブに、「資産状況」というのがあるので、ここをクリックする。

 

 

★自分専用の画面の上部「資産状況」ページの左側の下の方に、「通常振込入金口座」というリンクのがあるので、そこで自分専用の口座番号を確認して、銀行などから株式購入資金を振り込む。

 

 

★自分専用口座の口座情報。

 

ここで自分用に用意された口座番号をメモして、ATMなどから振り込めばよい。

 

振り込むと半時間ほどで自分専用のトップ画面の右側に、振り込んだ資金額が表示されるようになる。

 

 

★振り込んだ金額や現在の資金状況が表示される。

 

この画面では株を買う資金があと6万円ほどあって、持ってる株の現在の価値が93万円あまりだと言うことを表示していることになる。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX