株式投資も3分法が使えるか?

財産や資産を三つに分けて所有する。

 

安田財閥の創始者である安田善次郎氏は、資産は現金と株などの有価証券、そして不動産に分けて所有すべしとした。

 

これらは性質が異なる資産であり、それぞれの価値を有効に使うために、組み合わせて持つべしと言うことらしい。

 

これは現代の言葉で言うと、ポートフォリオと言う奴だ。

 

ポートフォリオというのは簡単に言うと「分散投資」であり、性質が異なる投資を組み合わせることによって、資産効用の最大化リスク最小化を図ると言うことだ。

 

もちろん分散投資といっても、ただ資金を三つに分ければ良いというわけではない。

 

何を望んでいるか、何を成し遂げたいか、それをハッキリさせなければならないのだ。

 

たとえばハイリスクであってもハイリターンを求めたいという投資もあれば、リスク重視で資産を減らさないための投資もある。

 

こういう場合、どれか一つのやり方だけに固執する必要はない。

 

投資資金をいくつかに分割して、それぞれどういう風に運用するか、振り分けを決めれば良いだけだ。

 

株式投資の場合も、長期的には確実に利益を上げたいが、デイトレードやスイングトレードみたいに、売買のスリルも味わいたいという場合もある。

 

投資資金を一つの銘柄に、全部投資する必要はないわけだから、いくつかに分けて投資して、楽しめば良い。

 


財産三分法 株式投資にいくら振り分ければ良い?

財産や資産をどのように振り分けるか。

 

これは自分が将来、持ちたい資産をハッキリさせないと決まらない。

 

たとえば老後のために住まいが必要だ。

 

そのために中古住宅で良いから手に入れたい。

 

こういう場合は住宅を買うためにお金を貯めねばならないから、貯蓄にまず一定の資金を配分してから、残った金で株式投資をすればよい。

 

住まいに関心があるなら、不動産投資や、アパート経営などを念頭に行うのもいい。

 

株投資の場合は不動産株がたくさんあるから、不動産関連株の売買をしながら、不動産の状況を学ぶというのも楽しいかもしれない。

 

あるいは若い頃からやりたかった商売や事業に、挑戦したいというような人もいる。

 

そういうことならば、株式投資なんかやってないで、商売や事業のプランを立てて、商売のスキルを磨けば良い。

 

老後の住まいも確保し、趣味に行きたいなら、健康と長生き、そのための楽しみが重要だ。

 

そういうわけで、将来の目標や現在の状況によって、

  • 日常生活を送るために持っておきたい現金
  • 株式投資で失敗しても大丈夫な資金
  • 将来のために積み立てたい資産
のバランス、ポートフォリオが変わってくるわけだ。

 

どういう配分にするのかは人によって十人十色だろうが、株式投資を楽しむだけであれば最初は30万円くらいあれば十分で、それを3分の1くらいずつわけて投資するという形が良いと思う。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2