★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

追証が来た

信用取引をしている間は、保証金維持率を常に気にしないといけない

 

信用取引ではは、保証金の3倍くらいまでの株売買ができる。

 

なので相場全体が上昇している時には、信用取引は大きな利益を上げることができる。

 

つまり一株では2万円しか儲からない銘柄でも、信用取引を使えば6万円も儲けることができる。

 

ところが予想(というか期待)に反して株価が下がると、逆に3倍含み損ができることになる。

 

しかし信用取引の決済期限は半年。

 

半年以内に株価が回復したら、そのときに決済すればいい。

 

そう思っていたら、思わぬ事態に直面した。

 

追証(おいしょう)」の発生だ。

 

追証とは「追加保証金」のことで、「保証金が足りなくなりましたので、保証金をすぐに入金してください」ということだ。

 

この保証金をすぐに入金しないと、証券会社側で強制的に信用建て玉を決済されてしまう。

 

しかもオペレーターの費用として1万円前後、手数料を支払わされる

 

私はそれで泣く泣くお金を振り込んだ経験がある。

 

おかげで別の支払いが滞って、そっちからも怒られた。

 


保証金維持率は、35%を切ると危険水域。

保証金維持率は、証券会社によって異なる。

 

だいたい20%〜30%くらいに設定されているようだ。

 

楽天証券の場合はかなり低めで、20%に設定されている(2010年7月現在)。

 

しかし一瞬でも20%を割ると、三日以内に必ず追証を入れなければならない。

 

追い証のお知らせメールが来て、対応しないと電話がかかってくる

 

保証金維持率は、証券会社の自分のページや、売買ツールなどで確認できるので、信用取引を行っている間は、毎日確認が必要だ。

 

保証金維持率確認画面の例(楽天証券マーケットスピード)
保証金維持率確認 マーケットスピード追証を入れないとどうなるかというと、建て玉を全部決済された上に、信用取引口座を閉鎖されてしまう

 

さらにオペレーターの手数料として1万円が徴収されてしまう

 

追証が発生する場合というのは、山ほど含み損を抱えている状況だから、ここで決済されてしまうと、山ほど損失が確定することになる。

 

なので泣く泣く追証を入れ建て玉のいくつかも、損を抱えたまま決済して、保証金維持率を復活させる。

 

上の図は追証を入れて代用証券(担保株)を売って、保証金維持率を回復させたところだが、こういうふうにならないように気をつけないといけない。

 


仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法