信用取引が株価を動かす

信用取引が株価を動かす

老後のために株式投資を始めたい。だけどどうすればいいの?株式投資の始め方のご紹介です。

信用取引が株価を動かす記事一覧

信用取引を始める方法

株売買には信用取引というのがある。株式投資を始めて見ると、だんだん信用取引が気になってくる。特に株式相場全体が下落トレンドの場合、買う株買う株ドンドン株価が落ちていくから、「カラ売り」ができればなあと考え出す。信用取引とは投資家が、資金や株を借りて売買するという取り引きで、30万円以上の保証金を積む...

信用取引を始める方法

 

信用取引が株価に与える影響とは

信用取引を始めるには、信用取引口座を開く必要がある。この信用取引口座を開くには、証券会社ごとに様々な条件がある。大手証券会社などでは数百万円以上の金融資産を持っていないと無理だが、ネット証券ではもっと少なくても口座が開ける。たとえば楽天証券では、100万円以上の金融資産があること、…となっているし、...

信用取引が株価に与える影響とは

 

塩漬け株で信用取引は危険

信用取引をするには、担保が必要になる。信用取引は、株やお金を借りて売買するわけだから、何らかの担保になるモノがないとできないわけである。多くのネット証券の場合、最低30万円以上の資金があれば、信用取引できる事が多い。なので信用取引口座を開設して、そこに30万円以上の資金を移せばよい。信用取引口座を開...

塩漬け株で信用取引は危険

 

追証が来た!追証が来た!追証が来た!

信用取引をしている間は、保証金維持率を常に気にしないといけない。信用取引ではは、保証金の3倍くらいまでの株売買ができる。なので相場全体が上昇している時には、信用取引は大きな利益を上げることができる。つまり一株では2万円しか儲からない銘柄でも、信用取引を使えば6万円も儲けることができる。ところが予想(...

追証が来た!追証が来た!追証が来た!

 

保証金維持率を回復させるには

信用取引をするなら、保証金維持率を毎日確認する必要がある。信用取引とは信用によって融資を受けたり株を借りたりして取引きすることである。なので保証金が足りなくなると、すぐに追証(おいしょう:追加保証金)を、入れないといけなくなる。追証をすぐに補填しないと、信用建て玉は全部決済されて損失が確定してしまう...

保証金維持率を回復させるには

 

損切りできない人には信用取引は向かない

追証を迫られて色々考えた。結論としては「信用取引こそ損切りが肝心」だということだ。追証を迫られた直接の原因は、直接的には株価が大きく下がったせいだ。日経平均が1万円前後だったのが、たった一週間で9200円まで下げた。約一割の下げだ。なので1万円の時に信用買いしていた買いポジションの株が、全部1割以上...

損切りできない人には信用取引は向かない