【図解】板情報から株価の動きを読む方法

【図解】板情報から株価の動きを読む方法

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

スポンサードリンク

板情報から株価を予想する

板情報(気配値)を見ていると、株価の動きが読めるときがある。

 

それは「買い板」と「売り板」の厚さの違いから読めるのだ。

 

買い板とは、板情報における買い注文側の数量で、右の図では左側に示されている。

 

125円で14,200株、124円で24,600株、123円で45,000株、と言う風に売り注文が出ている。

 

一方の売り板とは、板情報の売り注文側の数量で、右の図では右側に示されている。

 

120円で69,600株、119円で41,800株、118円で42,400株、と言う風に買い注文が出ていることを示す。

 

この板情報の例では、129円と127円の買い注文が特に多く、売り板側では115円の売り注文が特に多い。

 

これによって、株価は当面の間、115円から127円の間で動きそうだなと予想できる。

 

いわゆるボックス・レンジという奴で、この範囲から外には出ないと考えられる。

 

ただしこれくらいの厚みだと、簡単に突破できるから、ボックスレンジから外れる可能性も大きいが。

 

もちろんこの場合は、株価が上がるか下がるかは分からない。

 

しかし板の厚みが厚くなっていると、株価の動きはある程度分かるようになる。

 



売り板が厚いと、株価は下がりやすい

右図の例は、板情報の売り板と買い板のバランスが、極端に偏っている一例だ。

 

この例だと、売り板側は317円で150,700株、316円で137,700株、315円で105,00株の売り注文が出ている。

 

一方の買い板側は、307円で52,200株、306円で47,600株だが、その下の304円、303円、302円の買い板が薄い。

 

この気配値だと、売り板の方が買い板よりはるかに厚く、相当たくさんの買いが入らない限り、株価が上がる見込みはない。

 

こういう場合、買いが入って株価が上がり始めても、この分厚い売り板に阻まれて株価の上昇が跳ね返される。

 

で、こんな感じの5分足チャートになってしまう。

 

売り板が厚い場合の5分足チャートの例
こういう分厚い売り板がある場合、大きな買いが入っていったん株価が上昇しても、なぜかまた大量の売り注文が入ってまた壁ができる

 

なので壁の直前くらいに指し値を入れて売ってしまうか、その日は売るのをあきらめる方が良い。

 

というのも上に壁があると売り優勢になって当日は株価は下がることが多いし、また次の日になったら、この分厚い売り板はないことが多いし。

 


スポンサードリンク

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第4位★週末トレード★週末たった1時間の銘柄選び!ワンWEEK副業投資プログラム>

★第5位★日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

★第6位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」全セット

★第7位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツール★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★【スマプロFX】スマホ1台で年間7000pips!Smart Professional FX

★第2位★FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

★第3位★1億円を目指せるEAシステムツール!ジーニアス・ブレインFX

★第4位★次世代ツール Black AI・ストラテジー FXブラストFX

★第5位★【祝8,000名突破】FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

このエントリーをはてなブックマークに追加