●月に買って、●月に売る儲け方。

株で儲けるコツとして、月ごとに買う月と売る月を考える方法があるという。

 

  • 2月に買って5月に売る。

     

  • 9月に買って1月に売る。

     

  • 11月に買って5月に売る。

     

こういう事である。

 

これは株式市場特有のアノマリーによって導き出された方法だ。

 

アノマリーとはウィキペディアによると、異常またはユニークな事象や個体等を指す。

 

科学的常識や原則からは説明できない逸脱・偏差を起こした現象を含む。

 

とある。

 

つまり株式投資では2月・9月・11月に株は下がることが多いので、安いときに買って1月や5月と言った株の高い時期に売れば儲かる…という話である。

 

 

 

実際に2008年末から2010年9月までを週足で見てみると、残念ながらあまりそう言う傾向は見られないようだ。

 

まあリーマンショックの年から、ギリシャのソブリン債リスクがあった年までの期間だから、ある程度は仕方がないのかも知れないが。

 

ここ2年で言えば年末年始は山・2月は谷・7月初めは谷・11月も谷、と言う感じはするが。

 

ただ五月のゴールデンウイーク明けから8月のお盆前までは、ダウ平均や日経平均は下落トレンドになることが多くて、「5月に売ってどこかへ行け」という株の格言もある。

 


広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加