★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

底値株の見つけ方 日足チャートの形

底値株の見つけ方のつづき。

 

証券会社のツールを使って、候補銘柄をいくつかピックアップしたら、次は日足チャートや週足チャートを見る。

 

日足チャートや週足チャートから、これから上がりそうかどうか、考えるわけだ。

 

では、どういうチャートなら底値株だと言えるかというと、こんな感じのチャートだと可能性がある。

 

底値株?の日足チャート
この銘柄は半年前に高値をつけて、そこから下落して下降トレンドに入り、2回ほど上昇の気配を見せるも、下降トレンドから抜けられなかった。

 

しかしここへ来てようやく下降トレンドからフラットに。

 

注目も集め始め、取引量も増えてきた

 

2ヶ月前につけた直近の高値を超え、もしかしたらここから上昇トレンド入りか?…という感じが見てとれるわけだ。

 

しかしなぜ半年前に高値をつけた株が、底値株候補になるかというと、これは空売りに関係がある。

 

空売りの返済期限は半年

ハッキリした下降トレンドの時には、空売りが出て価格が下がり続ける

 

信用買いや信用売り(空売り)が可能な銘柄のことを「信用銘柄」というが、信用銘柄が下落トレンド入りの様子をになると、空売りが殺到してますます株価が下がる。

 

ただし空売りというのは信用取引であるため、いつかは株を買い戻さねばならない

 

なので、下落がある程度進んで底が見えてきたら、買い戻しの動きも徐々に見えるようになってくる。

 

そのため、ちょっと株価が落ち着いて上がり出すと、空売りしていた投資家が、株を買い戻しに走る。

 

そのために底値になる前に何回か、株価が上がる気配が見える。

 

ところが最高値をつけた後の2〜3ヶ月の間は、高値づかみしている投資家がまだ山ほどいるので、ちょっと上がると損切りする売りが出て、せっかく上がり始めた株価は、また下がってしまう。

 

これが下落トレンドがダラダラと続く原因だ。

 

底値株の日足チャート例(解説)
一方、空売りには半年という期限があるので、下落が始まってから数ヶ月が過ぎると、徐々に買い戻しが入りだして株価が上がり出す。

 

下落後、半年近くもなると買い戻しで買い圧力が増し、高値づかみ株も損切りで減っているので売り圧力も減り、そこで株価が上がり出すというわけだ。

 

このチャート図の例だと、移動平均線がゴールデンクロスになっており、2ヶ月前の直近の高値を更新しているので、これから上昇トレンドに入る可能性が大いにある。

 

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法