底値株の見つけ方、図解(楽天証券スーパースクリーナー)

底値株の見つけ方。

 

楽天証券の「スーパースクリーナー」で探してみよう。

 

まず楽天証券にログインして、「国内株式」>「株価検索」>「スーパースクリーナー」と進む。

 

スーパースクリーナー(楽天証券のサイト)

 

因みにマーケットスピードで、スクリーニングする際も、このサイトへ誘導される。

 

スクリーニングではまず左側のメニューで、投資予算金額を設定する。

 

 

投資予算金額を設定詳細検索項目で「検索条件追加」をクリック

検索条件の選択画面が出てくるので、「過去52週安値からの上昇率(%)」をクリック「平均売買代金(千円)」も同様に追加。

 

 

 

過去52週安値というのは、最近一年間で一番株価が低かった時と比べて、何パーセント上昇したかというデータだ。

 

底値株を探しているので、0〜20ぐらいに設定する。

 

また平均売買代金とは、売買の大きさを表すので、売買が活発な銘柄だけピックアップするために指定する。

 

底値株の見つけ方、図解その2

楽天証券のサイトのスクリーニング・ツール「スーパースクリーナー」を使った底値株の見つけ方のつづき。

 

楽天証券スーパースクリーナー 条件設定(例)
「過去52週安値からの上昇率」の最大値を0〜20「平均売買代金」を100000に設定


検索結果はこの時は79銘柄になった。

 

詳細スクリーニング 検索結果


50を超えると全部チェックするのが面倒になるので、検索条件を少し絞っても良い。

 

あるいは「売買代金増加率」を追加して、絞り込んでも良い。

 

あとは検索結果の銘柄を片っ端からクリックして、日足チャートが右上がりになっているかどうかを確かめて、買い付け候補リストに入れていけば良い。

 

うまく検索できたなら、右上にある「保存」をクリックして、検索条件を保存しておいた方が良いだろう。

 

オススメ!株の買い時、株の売り時が分かる動画教材

移動平均線の向きと日足チャートから、買い時と売り時を機械的に決める方法に詳しい教材なら、これ。

相場師朗(あいばしろう)先生の「株の10ステップ」



広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加