利益確定して、満足できるかどうかがポイント

プロのトレーダーが、どういうタイミングで売り買いを決めているのか。

 

プロのトレーダーと言っても、色んな人が居る。

 

たとえば

  • 機関投資家のトレーダー
  • 中小ファンドのトレーダー
  • 株売買で食っている個人の専業トレーダー

など。

 

これらはそれぞれ売買している銘柄も違うし、運用している投資金額も全く違う。

 

たとえば機関投資家は、数十億円から数百億円の資金を運用している事が多い。

 

もし数十億円の資金の運用を任されて、株を売買するとしたら…と考えると難しい。

 

ましてや、何割も運用成績を残さないといけないと言うことになったら、よほどうまくプランを建てて実行できないと、いけないわけだし。

 

株トレードで利益を出すためには、自分で買った株を、それ以上の金額で買ってくれる人が居ないといけない、

 

運用資金が潤沢なら、株を数十億円分買うのは簡単だが、それをさらに高く売るのは至難の業だ。

 

無理に株を売って現金化しようとしたら、相場を壊して大損失が出てしまう。

 

そう考えると、運用資金も少ないし、売買で相場を壊すこともない個人トレーダーの売買は、気が楽だ。

 

というのも個人トレーダーは、大損さえしなければ良いし、やりたくないときはトレードしなくて良いし、自分が満足しておればそれで良いからだ。


 

売らされても、満足できれば、それで良い

職業トレーダーの場合は、他人の資金を運用するわけだし、運用益がなければ収入も仕事も失う。

 

なので投資会社の従業員が食える程度は、絶対に儲けないといけない。

 

しかし我々零細個人トレーダーは、自分が納得できるトレードさえ出来れば、それで良い。

 

納得できなければ、塩漬けになろうと株は売らなくても良いし、逆に急落でブン投げさせられたとしても、別の銘柄で利益を出せれば、それで良い。

 

多少の誤差はあって、株の買い時に買えて、売り時に売れれば、利益は自ずと付いてくる。

 

特に「売らねばならないタイミング」で、株をちゃんと売れたとしたら、それはたとえ大損切りであったとしても、株トレードとして成功なのだ。

 

保有銘柄が下落トレンド入りしているのに、カラ売りヘッジも損切りもできずに、塩漬けにしてしまうことこそ、最悪の選択だ。

 

こういう最悪の選択をすると、我慢に我慢を重ねたあげく、我慢が限界に来て、ようやく損切りをしたら、数日後から切り返して株価が上がり出したりする。

 

これがいわゆる「セリング・クライマックス」というヤツだが、売りタイミングで売れなかったから、買いタイミングで売るという逆の事をやってしまうわけだね。

 

株の買い時、売り時を、日足チャートで決める

株の売り時

 

  • ロウソク足が移動平均線の上に出たら買い、移動平均線の上にある間はキープ。
  • ロウソク足が移動平均線の下に潜り込んだら、売り。

 

こういう風に、チャートで買い時と売り時を決めて、機械的に実行できるようになれば、あとはそれが実行できたかどうかで自分を評価すれば良い。

 

利益はそのうち付いてくるはず。

 

詳しくはこちらで。

 

オススメ!株の買い時、株の売り時が分かる動画教材

移動平均線の向きと日足チャートから、買い時と売り時を機械的に決める方法に詳しい教材なら、これ。

相場師朗(あいばしろう)先生の「株の10ステップ」



 

 

 

 

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加