株を買ったら、まずロスカットラインを決める

株を買った後にまず決めるべきことは、「ロスカット・ラインの設定」である。

 

ロスカット・ラインとは、株価が下がったときに、どこまで下がったら売るかというラインで、「損切りする株価」のことである。

 

非証券会社主催の投資家のセミナーなどでも、株で大損をしないためには、ロスカットラインを決めて、それを守ることが重要だとよく言われるが、株式投資を利大損小にするためには、このロスカットラインが重要な役割を果たす。

 

と言うのも実は、このロスカット・ラインが、実質上の株の売り時になるからだ。

 

「株は上がったら買い、下がったら売る」というのが、株式投資で利大損小にするセオリーであるが、これを実現するのはなかなか難しい。

 

というのも利大損小を実現するには、株価が上がっているうちはずっと売らずにキープし、株価が下がり始めたら売らねばならないわけだが、株価上昇中だと、どこで売れば良いのかは決めにくい。

 

この場合の売り時を決めるのも、、この「ロスカット・ライン」だからだ。

 

つまりロスカットラインを決めておれば、売り時に迷うことはなくなるし、利益を大きく損なうこともなくなる。

 

たとえばチャートで図示してみると、こんな感じだ。

 

ロスカット・ラインの引き方
※これは直近の最安値をロスカット・ラインに設定する方法。

 

株価が上昇するたびに、ロスカットラインを引き上げていく。

 


損切り・ロスカットラインの決め方。

損切りライン・ロスカットラインをどういうふうに決めるかは人によって様々だ。

 

ある投資家は「マイナス10%」と言うように、ロスカットラインをパーセンテージで決めている。

 

たとえば「この株は5%下がったら損切り」とか、「10%下がったら損切り」と言う風に決めるのだ。

 

5%や10%というパーセンテージは、どうやって決めるのかというと、投資金額の多寡や日中の変動幅で決める。

 

すなわち投資金額が大きい場合は、5%でも大きな損失になるからであるし、新興市場株のように日中の株価の変動幅が大きいなら、10%と言う風に大きく設定しておかないと、すぐにロスカットラインに引っかかって、損切りしなければならなくなってしまうからだ。

 

また別の投資家は「マイナス2万円」というように、損失金額で決めていたりする。

 

損失の絶対額で決める場合は、資金総額の2%〜5%くらいの金額を、「損しても良い金額」として設定して決める。

 

たとえば百万円の資金で運用するならば、2万円とか3万円くらい下がったら売ると言うことだ。

 

これは投資資金保全を第一に考える方法で、「損をしてもすぐに取り返せる金額」で設定する場合だ。

 

パチンコやパチスロなんかでも長くやっていると、取り返せる金額というのはある程度分かるので、それを超えたら逆にあきらめがつく。

 

つまりせいぜい2〜3万円くらいの負けですませておかないと、すぐには取り返せなくなるので、そこで諦めろと言うことだな。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2