相性の悪い株・銘柄はなぜ失敗する?

株式投資をしていると、相性の良い銘柄と悪い銘柄ができてくる。

 

相性の良い銘柄とは、買い付けのタイミングや売りのタイミングがちょうど良い銘柄で、利益の殆どがこの銘柄からになる。

 

一方、相性の悪い株・銘柄とは、買い付けのタイミングがうまくいかず、なぜか「高値づかみしてしまう」ような銘柄だ。

 

株売買で大損するケースは、最高値に近いところで全力で買ってしまうパターンだ。

 

そして最安値まで株価が下がったところで、泣く泣く損切りするパターンだ。

 

、つまり最高値から最安値までの差を、まともに損してしまうわけだ。

 

こういうことが起こる原因はもちろん、株価の動きが読めていないと言うか、微妙に売買のタイミングがずれているってことだろう。

 

というのも株というのは、銘柄ごとに独特なリズムで動くことが多く、それにピッタリはまっていればうまく売買できるが、ハマらなければなかなかうまく利益を出すことができない。

 

その株・銘柄の売買参加者の気分が、読めていないと言うことだろう。

 

しかし同じ株・同じ銘柄で何度も失敗する場合は、保有期間が短すぎると言うことも考えられる。

 

損をさせられると言うことは、上がったり下がったりしているということだから、安値になったところを拾って、後は待っていれば良いだけのはず。

 

値段が上がりだしてから買い付けるから、高値づかみするわけで、下がって底になるところを見つければ儲かるはず。

 

だけどグングン値が上がり出すと、やっぱり買い付けたくなるんだよねえ。

 


利小損大になる理由

同じ株・銘柄で何度も損する場合、値動きに魅せられているのかもしれない。

 

デイトレなどでグングン値上がりするところを見ると、ついつい買い付けてしまうのだ。

 

しかし上がり始めに買えば儲かっても、上がり終わりに買えば損をしてしまう。

 

一瞬、儲かった!と思っても、数分後には上昇が止まり、そこから奈落に落ちるように株価が急降下していく。

 

人気が出て買いが増えると言うことは、だんだん売りたい人が増えると言うことでもある。

 

以前からその株・銘柄を保有している投資家も、株価がピークを迎えたら売ろうと思っている。

 

そしてデイトレで参入した投資家は、買い付けたらすぐに、売り注文の指し値や逆指し値注文を入れているので、株価が下がりだしたら、どっと売りが出て、株価が急落しはじめるわけだ。

 

だから、株価が急落する前に売ってしまわないといけないし、含み益があるウチに、売却してしまわないと儲けはない。

 

たとえば買い付けた株数の半分とか3分の1くらいは、早めに利益確定してリスク回避をして株数を減らすとか、そういった利益確定のテクニックを、身につけないといけないのかもしれない。

 

まあしかし、相性の良い銘柄が見つかったら、その銘柄だけで勝負するというのが一番いいだろうけど、相性の良い銘柄だっていつかは下降トレンドに入るので、ランキングなどを見て、常日頃から有望銘柄をリストアップし、その動きをつかむクセをつければ良いだろうね。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2