★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

底値株かどうかを見分ける方法

底値株を日足チャートで見分ける方法。

 

底値株は、株価位置が低い株なので、証券会社のスクリーニングツールで、株価位置が低い株のリストを作り、日足チャートを見て見つければ良い。

 

株価位置が低いと言うことは、つい最近、年初来安値をつけたばかりの株で、そこから多少戻したような日足チャートになる。

 

ただし、どういうチャートなら見込みがあるのか、それを判断する力がないと、どうしようもない。

 

ということで、次の日足チャートを見て、この銘柄の株が底値株かどうか、考えてみよう。

 

例題1 これは底値株かどうか?
例題2 これは底値株かどうか?

底値株かどうかを見分ける方法

ある銘柄の株価が今、底値かどうかを判断するには、底値とは一体何かをまず知る必要がある。

 

底値とは簡単に言うと「年初来安値」ということだが、株価が下がり続けていると、年初来安値はどんどん更新されてしまうので、年初来安値がそのまま底値というわけではない。

 

底値というのは「上昇トレンドの始まり」であり、そこから株価が上がりだした安値という意味なのだ。

 

なので底値かどうかは、その後の株価のトレンドが、上昇トレンドになっているかどうかで判断すれば良い。

 

上昇トレンドかどうかの判定法は、

  • 直近の高値を更新した
  • 25日移動平均線が右肩上がり
  • 売買高・取引量が増えている
といったところかな。

 

ということで、例題の解説だ。

 

底値株チャート 例題1の解説
底値株チャート 例題2の解説
例題1と例題2の日足チャートでは、
  • 直近の高値を更新したかどうか
  • 25日移動平均線が右肩上がりかどうか
  • 売買高・取引量が増えているかどうか
の3点が異なっていて、例題1はまだ底値ではなく、これからまだ下がる可能性が高いと予想できる。

 

一方、例題2のチャートでは、25日移動平均線を5日移動平均線が下から上に突き抜け、ゴールデンクロスを達成して上がっていて、上昇トレンドに入る可能性が見て取れるので、底値になっていると予想できる。

 

もちろん、例題1の銘柄でも、もう少ししたら直近の高値を更新し、上昇トレンドに変わる可能性はあるが。

 

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!

ワンウイーク副業投資

ショットガン投資法